脱毛後のアフターケア

バツ印を差し出す女性
医療脱毛にしても光脱毛にしても、施術を受ける前後にはいくつかのルールを守らなければいけません。

例えば日焼けには要注意です。肌が黒くなると痛みが強くなったり、毛根に熱が届きにくくなったりして、脱毛の効果に影響を及ぼします。
また、体温が上がるような行為(飲酒や入浴)は施術直後に限り避ける必要があります。これは脱毛によって敏感になった肌が熱を持つことで腫れたり赤くなったりする可能性があるためです。

ルールを守らなければ肌トラブルが起きてしまうことがあるため、クリニックやサロンで説明された注意点は意識するようにしましょう。

手の甲に塗られた保湿クリーム
そして脱毛後はアフターケアをしっかり行うことが大切です。レーザーなどの光によって熱エネルギーが与えられるため、肌は乾燥しやすくなります。乾燥は美肌の大敵なので、しっかり保湿してあげましょう。

肌トラブルを予防するためのアフターケアとして専用のローションやクリームを販売するクリニック・エステサロンもありますが、市販のアイテムで問題ありません。

医療脱毛はレーザーの出力が高いほど肌へのダメージも大きくなるため、アフターケアは肝心です。色素沈着や埋没毛を防ぐためにも脱毛後のアフターケアは確実に行うことが推奨されています。

脱毛後は2~3週間ほどで毛がポロポロ抜けてきます。伸ばしっぱなしが気になるなら電動シェーバーなどで剃るようにして、毛抜きは決して使わないことが大切です。自然に抜ける前の毛を無理やり抜くと毛根部分に与えたダメージが半減してしまいます。

脱毛はお金を払って行うものなので、高い効果を期待するものです。しかし自分の行いがせっかくの施術を無駄にしてしまうかもしれません。それは損でしかないので、アフターケアの方法などは確実に押さえておきましょう。